美白になるためには、紫外線対策が重要


美肌を作る化粧品を教えて!(トップ) >


UVケア化粧品でシミ予防を!

しみは作らないのが一番ですが、いったいどのように予防すればよいのでしょうか。
なんといってもしみ予防には紫外線を浴びないようにすることです。


紫外線を浴びないようにといってもいつもいつも家にこもってばかり
いるわけにはいきませんし、たとえ家の中にいたとしても窓から
紫外線は入ってきますので知らず知らずの間に紫外線を浴びていることが
ほとんどです。


そこで大切なのは、日焼け止め対策です。
出掛けるときは日焼け止めクリームをしっかりとつけて、 さらに紫外線の
強さによっては、帽子、日傘、長袖、手袋などを 併用することも大切です。


1日のうちで最も紫外線が強いのは10時から14時ごろといわれていますので
できるだけこの時間帯の外出を避けるのがベターです。

紫外線はなにも太陽がサンサンと照りつけているから強いというわけではなく、
日差しに関係なくうす曇でも多くの紫外線が降り注いでいるものです。


日焼け止めにはSPFという数値で紫外線予防効果の大きさが示されており、
日本ではSPF50が最大です。
普段の生活ではSPF30くらいで十分ですが、 海や山などに行く場合には
もっと強いものがおすすめです。


ただし、日焼け止めの数値が高いほどクレンジングで落ちにくいので
専用のものできちんと落とすことが大切です。
その際、ゴシゴシとこするのは厳禁です。 その刺激でしみができることも
ありますのであくまでも優しいクレンジングを心がけましょう。


また、外からだけではなく、体の内側からのしみ予防としては、
ビタミンCやE、β−カロチン、ミネラルなどが豊富に含まれている
食品を摂取することでお肌の新陳代謝を高めたり、活性酸素を
抑える効果が期待できます。


さらに美白効果のある化粧水やクリームを毎日使うことで紫外線の影響を
受けにくいお肌作りができますので普段から心がけることも必要です。こうした健康な体作りを心がけることで、脚やせエステにいく必要もなくなるかもしれません。


Copyright © 美肌を作る化粧品を教えて! All rights reserved