自己破産は多大な迷惑をかける?

キャッシングやカードローンの返済ができなくなり自己破産を考える人は多いと思います。

自己破産をすればすべての債務がなくなり、楽になるかもしれません。 しかし、自己破産はのちのち子供たちや家族に迷惑かけることを忘れてはいけません。

親が自己破産をしているとすべての審査で親を保証人にすることができなくなります。例えば、賃貸の保証人や自動車ローンの保証人 などです。

また、親の自己破産が原因で住宅ローンも通らなかったという事例もあるようです。ただ、この場合は親が借金をして返済が できなかった銀行だということですが、親の自己破産から10年以上経っていて、実際にはブラックリストからはずれていても銀行ではその子供まで完全にマークをしているということになります。

自己破産はこのようにのちのちまで後を引いてしまいます。 借金で首が回らなくなってもすぐに自己破産を考えるのはやめましょう。

まずは何とか返済をしていくことを考えます。銀行などではおまとめローンなどでまとめて支払いにしてくれることもあります。

返済が滞ってしまい、ブラックリストに載っていてお金を借りることができず、苦肉の策で偽名を使って申し込みをする人もいます。

カードローンの審査は申し込み内容をもとに審査を行います。 申し込み者の名前を信用情報で確認をしているので偽名で住所なども偽ってしまえばブラックリストには名前が上がってこないので、借り入れができると判断をされます。

このように虚偽の借り入れをするのはもちろん犯罪行為です。 絶対にやってはいけないことです。自己破産を考えてはいけないと書いてきましたが、やはり返済ができないからと言って犯罪を行うのは最もいけない行為です。

返済が滞ってしまったときにどうすればいいのかまずは立ち止まって冷静に考えてみてください。

将来自分の子供たちが親の借金によって苦しめられることがないようにまずは計画的に借り入れをして安定して返済をしていくことが大切です。

メニュー

ページの先頭へ